こだわりの条件で、引越しの物件を探すときのポイント

引越しを考えるとき、様々な条件で物件を選ぶ方がほとんどでしょう。
中には、こだわりのある物件にしか住みたくないという方も少なくないはずです。
今回は、引越ししたい時に押さえておきたい条件による、物件の探し方を調べてみました。

まず、大雑把なエリアの選択と物件の予算を決めます。

tatemono

エリアから選ぼう

エリアは、職場の位置と希望通勤時間からある程度の範囲が絞り込めるでしょう。
通勤時間に関しては、乗り換えの時間計算も併せて行うことが大事です。
また、ラッシュの時間帯は余計に時間がかかることを忘れないようにしましょう。
あとは、その範囲の中にある駅の中から自分の希望に合ったところを選ぶのです。

詳しい地図を見れば、希望する駅周辺の、ある程度の情報は得られるでしょう。
可能であれば、実際にその駅周辺を散策して、町並みや雰囲気などを確認しておきます。
比較的に新しい感じで、駅周辺に多くの店があるような場所が住みやすいと考えられるでしょう。
もちろん、少し田舎的な土地柄に住みたい方もいるはずです。
その場合も、希望する条件に合うか確認することは欠かせません。

予算を組もう

予算として月々の住宅費は、世帯の月収のおよそ20%から30%までに設定しておくのがベストです。
共益費や管理費が必要な時は、その金額も含めて予算を組みます。
例えば手取りが月収20万円の場合、4万円から6万円くらいです。

賃貸住宅を借りる場合、月々の費用以外にも必要な費用があります。
それらの費用についても、予算的に考えるのが良いでしょう。
初期費用として礼金や敷金、仲介手数料、火災保険などがあります。
また、契約更新時に更新料が必要です。

間取りも気にしよう

エリアと予算が決まれば、次は間取りが気になります。
なるべく部屋数が多い方が良いのか、ワンルームでも広い空間が欲しいのか条件を洗い出しておきましょう。
きちんと自分の理想の間取りを把握しておけば、物件探しもスムーズに行くはずです。
曖昧なイメージで探しても、時間を浪費するだけにしかなりません。

その他にも、細かい条件にこだわりたい方もいるでしょう。
それらの条件に優先順位をつけて、整理していきます。
これだけは譲れないという条件から埋めて行きましょう。

条件を整理しよう

まず、絶対に譲れない条件としては、予算内に納まる物件ということは外せないはずです。
間取りも、必要なスペースを確保したいものでしょう。
防音がしっかりしているかも、気をつけたいところです。
ペットを飼っている方なら、ペット飼育可能物件は外せないでしょう。

大事なのは、どのような条件を、どのような優先順位で満たしていくかということです。
そして、しっかりしたイメージに合った物件を数多く見ることが欠かせません。
きちんと条件を整理して、理想の物件を探してみましょう。