風水を使って引越しついでに運気も上げましょう。

ひと昔前、風水がブームの時代がありましたね。
その風水人気も、最近はひと段落といったところでしょう。
それでも人生の節目には風水を取り入れて、運気を上げようとする人も多いようです。

ところで人生の節目には、意外とついて回るのが引越しですね。
就職、転職、結婚、新居の購入などで、家を探して引越しをしています。
そこで、引越しの際の風水の活用術について調べました。

room3

引越しと風水

人生において、大きく運気を変えてしまう三大要素

・結婚
・転職
・引越し

この三大要素は、運気の流れ(形)を変えてしまう大きな要素です。
誤った方向で「結婚・転職・引越し」をして、好ましくない運気の流れを掴まないようにして下さい。

三大要素の中では、特に引越しはたびたび経験する人もいる大きな要素です。
そのため引越しを良い運気を掴む、運気好転の要素にしましょう。

引越しの方位や時期

引越しをする上で最も重要なことは、方位の吉凶判断です。
風水方位学の中には、方位の吉凶を判断する方法は複数あります。
とりわけ、引越しに関する方位の算出には「九星気学」が一般的です。

また、九星別に本も出ています。
自分の九星のページの中に、運気の動向や年と月ごとの吉凶方位が出ていますのでおススメです。
年の吉方位を最も重視して、次に月ごとの吉方位を考慮しましょう。
引越し時期と引越しをする方位が吉方位になるように、引越し計画を立てることがポイントです。

間取りの吉凶も部屋探しのポイント

引越しに風水を活用したい方はご存じでしょうが、間取りにも風水学上の吉凶が存在します。
部屋探しの際の参考にしている方も多いでしょう。

まず間取りを考慮する際に、最も用いられるのが「鬼門」や「裏鬼門」です。
鬼門は北東の方位のことで、万事に忌むべき方角と言われています。
また鬼門の方角と真反対、南西の方角を「裏鬼門」と呼び、「鬼門」と同様に不吉な方角とされています。
鬼門や裏鬼門にない方が良いものとしては、「玄関」「トイレ」「キッチン」があります。

間取りごとの吉方位

では部屋を探す際、どこに何があれば良いのでしょうか?
間取りごとの吉方位を次の通りです。
・玄関…玄関は吉方位に向けパワーを高めましょう。
吉方位は東、東南、南です。

・リビング・ダイニング…居間は家の中心に据えましょう。
吉方位は東南、南、東です。

・キッチン…台所は明るく風通し良いのがポイントです。
吉方位は東、東南、西北です。

・浴室・トイレ…風呂場やトイレは鬼門に位置しやすい場所、換気と掃除で脅威の進入を防ぎましょう。
吉方位は東、東南です。

これらを知っておくだけで、引っ越しで運勢が開ける可能性がありますよ。