引越しの注意点!初めてでも安心!

進学、就職などで一人暮らしの引越しの経験もあると思います。
一人暮らしの引越しなので、ついつい甘く考えがちです。
ここでは、一人暮らしの引越しについてご紹介します。
one

荷造り

一人暮らしの場合、荷物の量もそんなに多くないので、すぐ出来ると考えてしまいます。
仕事などがあるため、平日は荷造りせず、引越し前日にまとめて出来ると思いがちです。
しかし、荷造りは結構時間がかかるものです。
引越し当日に終わらないこともあります。

もし、当日に荷造りが終わらないと、引越し業者に荷造りを手伝ってもらうことになります。
そうすると、手伝いによる追加料金が発生します。
また、あまりにひどい場合は業者からキャンセルされ、キャンセル料をとられる場合もあります。
注意しなければいけません。

一人暮らしでも、最低二週間前から荷造りを始めていきましょう。

単身パック

一人暮らしの引越しとなると、単身パックを利用できます。
また、単身パックは他の引越し料金に比べて、割安に設定されています。
しかし、単身パックを利用できるかは十分に注意が必要です。

単身パックは決まった大きさのコンテナに荷物を積み込みます。
そのため、荷物が少ない時だけ利用できます。
例えば、引越し荷物にベッドやタンスがあったら、単身パックは利用できません。
一人暮らしの引越しでも、最初から単身パックに絞らないことが大切です。
引越し業者に単身パックも含めて見積もりしてもらい、利用できる時に利用しましょう。

挨拶

一人暮らしの場合、引越しで挨拶をしないでいい場合が多いです。
ワンルームなどの単身用マンションに引越す場合は、ほとんど挨拶しなくていいです。
もし、女性の場合だったら、男性の入居者に顔を知られてしまうという危険性があります。
挨拶すべきかわからない時は、管理人や大家さんに聞くといいです。

自力での引越し

自分で行う引越しは思わぬお金がかかります。
レンタカー代や謝礼などはどうしても必要となります。
また、家にキズをつけてしまうと、大家から高い修繕費用を請求されることもあります。

引越し業者の場合は、万が一キズがついた場合も保険から補償してくれます。
このあたりも考慮しましょう。

料金相場

引越し料金は距離や量によって変わってきます。
大体の相場は4万~7万くらいになっています。

このように、一人暮らしの引越しは一見簡単なように見えて、結構複雑です。
料金はそんなにかかりませんが、きちんと量や距離を見極めて引越すべきです。
環境が変わり、新しい生活の第一歩が一人暮らしなので、その前の引越しをきちんと行いましょう。