引越し業者に見積もりを依頼する前に 覚えておきたい2つのポイント

「少しでもお得に引越しをしたい」と、考えている方が少なくありません。
今回は、引越し業者に見積もりをお願いするときのポイントについて調べてみました。

gyousya

ポイント1:複数の業者から相見積りを取ろう

まずは、なるべく多くの引越し業者から、見積もりを出してもらうことです。
最低でも、3社くらいの見積もりを取るべきでしょう。
またそのことを、それぞれの引越し業者に伝えておくべきです。
この点が、見積もりを含めた引越しを、安く抑える第一のポイントです。

比較されていることを知れば、引越し業者は料金の値引きをしてくるでしょう。
このような交渉は、とても大切なのです。
そして、こういう時に最適なのが、引越しの「一括見積もり」です。

ポイント2:訪問見積りの予定の組み方

もう一つは、実際に自宅で見積もりを出してもらう「訪問見積もり」の選択です。
これなら、引越し業者の営業マンが実際に自宅に来てくれます。
さらに、荷物を確かめ見積もりまでしてくれます。

この訪問見積もりの時間は、だいたい1社につき30分から1時間くらいです。
あらかじめ、一日の予定を上手に調整しておきましょう。
訪問見積もりが滞りなく進むように、一社ずつ時間をずらしてもらって下さい。

例えば、それぞれの予約を1時間くらいずらしておきます。
実は、この1時間という間隔が重要なポイントになるのです。

引越し業者の営業マンによっては、より深い話し合いが必要なことがあります。
その内容によっては、さらなる値引きで即決を迫ってくる場合があるのです。

もちろん営業マンの提示する見積もり金額が希望する金額に近ければ、即決しても構いません。
しかし、まだハッキリ分からない状態なら、なんとかかわすしかありません。
このような場合でも、時間をずらしているから気持ちに余裕が持てますよね?

こんな時には、事前に知らせておけばこう言えます。
「もうすぐ別の業者さんが来るので、少し考えさせて下さいね。」
どうでしょうか?
これなら、いらぬトラブルも回避できますよね。
複数の業者の見積もりをしていることは、こんな時にも役に立ちます。

最後に

引越しの訪問見積もりには、それなりの時間がかかります。
引越しの訪問見積もりは、なるべく日にちを揃えておくと良いでしょう。
日にちが重なっているからこそ、「考えさせて下さい。」と言いやすくなりますよね?
以上のポイントをしっかり押さえてお得に引越しの見積りを済ませましょう。