必見!引越しを安くする3つの方法

saifu

引越しの繁忙期は避けよう

あなたは、引越しを安くする方法があることをご存知ですか?
知っているのと、知らないのでは随分と違ってきます。

世の中の価格というのは、需要と供給のバランスで決まります。
これは、引越しでも同じなんです。
引越しする人が多い、繁忙期は料金は高くなります。
逆に引越しをする人が少ない時は、料金が安くなります。

年間で安い時期?

1年の内で引越しする人が、1番多い時期は、年度が替わる前後です。
この時期は、引越し業者にとっては、繁忙期です。
そのため、引越し料金も他の時期に比べて高くなります。

これは、人事異動や、卒業・入学のための引越しが多くなるからです。
業者によっては、通常の2倍以上の料金になることもあります。
できることならば、この時期は避けたいですね。

9月と12月は、引越し業者の第2の繁忙期になります。
この時期は、年度末に次いで、人事異動が多い時期です。
そして、12月は、年末という要因のためです。
日にちによっては、早い段階で予約で埋まったり、料金も割高になることがあります。
この時期も外した方がベストです。

月の中で安い時期?

実は、月の中でも高くなる時期があります。
引越しは、圧倒的に月末に集中します。
そのため、月末付近の引越しは、やはり割高になる傾向にあります。

これは、賃貸住宅の家賃と関係があります。
多くは、退去する時の日割り計算がないためです。
そのため、月初めであっても、一ヶ月分の家賃が発生してしまうのです。

これらのことから、第4週当たりは、料金が割高になる傾向にあります。
また、月のはじめの5日ぐらいまでは、退去遅れなどから、意外と引越しが多くなります。
従って、第2週あたりが狙い目なんです。

一週間の中で安い曜日?

さらに、曜日にも安い日があります。
土日よりも、平日の方が安くなります。
中でも、火曜日、水曜日、木曜日が安くなる傾向にあります。

さらに、日本は昔から六曜が重視されます。
六曜とは、俗に言うお日柄のことです。
仏滅は、引越しをする人が少ないので、安くなる傾向にあります。
逆に、対案は、引越しをする人が多いので、高くなる傾向にあるようです。

最近の解釈では、仏滅を「物滅」という見方をすることがあります。
この解釈であれば、仏滅は引越しに合っている日とも言えるのです。

引越しに適した日は

今までのことから、引越しを安くするのであれば、以下の日を選びます。
①5月~8月、10から11月を選ぶ
②月の中で、2週目を選ぶ
③週末は避ける
④仏滅を選ぶ

ここで注意したいのが、梅雨時期があるということです。
念のため雨天の対策も聞いておきましょう、。
雨天の対策として、防水のカバーや段ボールを使うところもあります。
見積もりの時に、雨天対策も確認しましょう。

これで、あなたも賢く、安く引越しができますね。