自動車を引越しをする際に忘れてはいけない手続き

引越しをする際、自動車を所有していれば、幾つかの手続きが必要になります。
今回は、自動車を所有されている場合の引越し手続きについて調べてみました。

todoke

車庫証明の手続き

自動車の変更登録をするために、車庫証明が必要になります。
正式には、「自動車保管場所証明書」と呼ばれるものです。

これを取得するには、管轄の警察署に行かなくてはなりません。
そこで、「自動車保管場所証明申請書」を提出しましょう。

届出をする方

本人あるいは代理人

用意するもの

自動車保管場所証明申請書
自動車保管場所使用承諾証明書
(貸し駐車場の場合、駐車場の賃貸契約書のコピーでも可)
保管場所の所在図及び配置図
印鑑
代理人を立てる場合は委任状

発行してもらうもの

自動車保管場所証明書
保管場所標章交付申請書

届出をする場所

新たな保管場所を管轄する警察署

自動車の登録変更

登録を受けている自動車(普通、小型)を所有している方は、自動車検査証の記載事項を変更する必要があります。
詳細は、国土交通省の「自動車検査・登録ガイド」というサイトで確認してください。

届出をする方

本人あるいは代理人

用意するもの

自動車検査証
自動車保管場所証明書
変更の事実を証する書面
(個人は住民票あるいは戸籍謄本、法人は登記簿謄本など)
申請書
手数料納付書
印鑑
代理人を立てる場合は委任状

届出の期間

住所変更後15日以内

届出をする場所

引越しした先の住所を管轄する陸運支局

運転免許証記載事項変更

運転免許証に記載されている住所や本籍などに変更が生じた場合には、「運転免許証記載事項変更届」が欠かせません。

届出をする方

本人あるいは代理人
・用意するもの
・運転免許証
・健康保険証/消印つき郵便物/住所が確認できる公共料金の領収証
・印鑑
・代理人を立てる場合は、申請者(本人)と代理人が併記された住民票
上記ののいずれか1つが必要です。

届出をする場所

引越し先の住所を管轄する運転免許試験場か所轄の警察署

軽自動車の場合

軽自動車の管轄は、軽自動車検査協会になります。
そのため、引越し先が同じ協会の管轄内かどうかで、手続き内容が違ってきます。
同じ協会の管轄内で引越しをする場合、以下の書類などを用意して手続きします。
ナンバープレートはそのままです。

届出をする方

本人あるいは代理人

用意するもの

自動車検査証
軽自動車税申告書
使用者の住所を証する書面
軽自動車検査証記入申請書
代理人を立てる場合は委任状

届出の期間

住所変更後15日以内

届出をする場所

引越し先の住所を管轄する軽自動車検査協会

引越し先が管轄外になる場合には、ナンバープレート持っていく必要があります。
新しい住所を管轄する協会で、手続きしましょう。
詳しくは、軽自動車検査協会のサイトで確認できます。