引越しのやることの順番は?スムーズにいくために

引越しのための新居も決まりました。これから引越し準備のはじまりです。

さて、何から始めましょうか?

そうなんです。

何も決めずに引越し準備を始めると、スムーズな引越しができません。

引越しは、手順や段取りが重要なんです。

きちんとした引越し準備が出来てさえいれば、引越しを無事に完了することができます。

引越しでやること

引越し準備の手順・段取り

①引越しの日程と業者を決める

引越し日は土日・祝日や、繁忙期である2月~4月を避けると引越し料金を抑えることも可能です。

まずは、数社の引越し会社から見積もりを取り、引越し会社を決めましょう。

引越し会社が決まれば、搬出・搬入などの細かい打ち合わせを引越し業者と行ないます。

最近は引越しをする時間によっても、料金が異なる業者もあります。

ですから、引越し料金を考慮しながら時間を決めてもいいですね。

 

また、引越し業者に依頼せず自分で引越しする方もいます。

引越しをする日程や時間、レンタカーの手配など、きちんと計画立てて行ないましょう。

なお業者に依頼する場合、段ボールは業者が用意してくれます。

しかし、自分で引越す場合には、段ボールの調達も事前に行ないます。

②身の回りの整理をする

諸々の手続き関係の解約や移転の手続きは、平日にしかできないケースも多いです。

余裕をもって手続きしておきましょう。

一般的には次のようなものがあります。

  • 賃貸契約の解約予告(旧宅が賃貸の場合)
  • 役場での各種転出手続き
  • 電気・ガス・水道やNTT、NHK、インターネットプロバイダなどの引越し手続き
  • 郵便局へ転居届

また、引越し時に処分したい粗大ゴミや回収日の少ない不燃ゴミなどもあります。

回収方法や曜日を確認して、事前に処分しておきましょう。

引越し前の挨拶や挨拶状は、リストを作って時間のあるうちにやっておきましょう。

③荷造りをする

荷造りの進め方にはポイントがあります。

普段あまり使っていないものから荷造りを始める。

早めに荷造りして差し支えないものや場所から行っていくと、スムーズに作業が進みます。

  • あまり立ち入らない納戸や押入れの奥のもの
  • 季節外れの家電や衣類など
  • 本やCD・DVDなど
新居の収納場所を考えて荷造りする

新居での収納場所が決まっていると、荷解きがスムーズに運びます。
そこを考えながら、荷造りするのがポイントです。

  • 新居の収納先ごとに段ボール箱を準備する
  • 衣装ケースやファイルボックスなどはそのまま梱包する

「引越しは何から始めたらいいか?」

そのためにこのように書き出してみると、引越し準備は段取りがいかに多いかが分かります。

そのため、やり残しがないように、チェックリストを作成することをおすすめします。