引越しの準備や手続きについてチェックしよう!

引越しは、事前の段取りが大切です。

特に、引越し間際になるとバタバタしてしまいます。

当日になって慌てないように、計画的に準備しましょう。

引越しの1週間前にもなると、やらなくてはならない手続きが山積みです。

一つ一つ、しっかりチェックしてスムーズな引越しをしましょう。

今回は引越しの1週間前に、チェックしておかなければならない項目をご案内します。

引越しの手続きチェック!

転出届

他の市町村に引越しをする場合、転出届を提出しなければなりません。

現在の居住地を管轄する市区町村役場で転出届けを提出し、転出届証明書の交付を受けます。

手続きの際に、印鑑を忘れないようにしましょう。

 

国民健康保険資格喪失手続き

国民健康保険加入者の場合、国民健康保険の喪失手続きも必要です。

現在の居住地を管轄する市区町村役場にて、資格喪失の手続きを転出届と同時に行います。

国民健康保険証は必ず返却しましょう。

必要な書類は、「備え付けの届出用紙」・「印鑑」・「国民健康保険証」です。

 

印鑑登録廃止手続き

また、印鑑登録の廃止手続きも行いましょう。

市区町村の役場に、登録された実印の抹消をします。

転出届と同時に受け付けてくれます。

必要な書類は、「印鑑登録証」です。

自治体によっては、印鑑登録証の返却が不要な場合もあります。

 

電話番号の移転手続き

電話の移転手続きも行います。

116にかけて、電話の移転や新設について相談しましょう。

電話設置工事は予約制です。

NTT以外の電話会社の場合は、利用明細票などに記載されている連絡先に問い合わせます。

 

電力会社などの手続き

電力会社への連絡も行います。

検査表や領収証に記載されている電力会社の支店に、電話で連絡します。

ガス会社や水道局などにも同様に連絡しましょう。

 

郵便局への移転手続き

郵便局への住居移転の連絡も、欠かせません。

最寄りの郵便局で転居届けのハガキを確保し、必要事項に記入します。

 

配達店への移転手続き

牛乳や食材等の配達店などにも、移転の連絡をします。

移転の旨を伝え、契約の継続、停止を伝えましょう。

使用分の精算日も、打ち合わせておきます。

 

新聞会社への手続き

新聞の購読申し込みも、忘れずに行います。

インターネット経由で、新聞の新規購読の申し込みが可能となります。

また購読を中止する場合も、しっかり連絡して相談しましょう。

 

銀行や保険などの手続き

銀行や保険なども、住所変更手続きが必要です。

住所変更手続きを行うか、取引支店の変更などを行いましょう。

以上が、引越し1週間前に行いたい手続きの一覧です。

漏れがないように、しっかりチェックしましょう。