高齢者の引越し、業者への頼み方は?

昨今の日本は、少子高齢化が進み、核家族化が進んでいます。

そのため、高齢者夫婦だけの生活だったり、高齢者の独居が多くなっています。

もし、施設への入居、長期の入院となった時、意外と困ることが多いんです。

高齢者の引越し

自宅をどうするか?

独居の高齢者の方が、施設や長期入院になった時、困ることがあります。

それは、いま住んでいる自宅をどうするのかです。

高齢者といっても、人が日常生活をしていたのですから、案外、荷物はあります。。

例えば、タンスや食器棚や本棚、テーブルなどを移動しなければなりません。

また、家電では冷蔵庫、洗濯機、テレビがあります。日用品ではベットや布団があります。

この他にも、細かい物がたくさんあります。

これを処分するとなると、片手間にはできません。何日か、引越しのために時間を作ることになります。

 

借家に住んでいたのであれば、誰もいないのに、家賃を支払うことになります。

これって、非経済ですのでやはり、引越しもしくは、解約となるでしょう。

こんな時、引越し業者に相談してみませんか?

引越し業者に荷物の処分を頼む

引越しをするのであれば、いまある荷物をそのまま新しい家に持って行けばいいです。

しかし、いま住んでいる家を処分するとなると、荷物は行くところがないのです。

そのため、ほとんどが処分することになります。

こんな時、引越し業者に相談してみましょう。

最近は、高齢者の住宅を処分する引越しも多数あるようです。

業者に頼むメリット

引越し業者に頼むことで、次のようなメリットがあります。

  1. 引越しのための自分の時間が取られない
  2. 専用の収納ケースがある
  3. 専用資材がある
  4. 設置している冷蔵庫や洗濯機、テレビ、エアコンの取り外しと取りつけをしてくれる
  5. 不要な物を処分してくれる
  6. 退去後の手続きをしてくれる
  7. 梱包をしてくれる

次のような場合は別途料金がかかることがあります。

  1. テレビ、洗濯機、エアコンの取り外しと取りつけ
  2. 取り付けのための材料があった場合

業者選びのコツ

引越し業者に頼む時は、まず、見積もりをします。

その際、、頼みたいことを全てお願いした見積もりを取ることです。

できたら、3~5社から、相見積もりを取るといいです。

引越し料金には、電車やバスのような決まった金額はありません。

そのため、交渉すると、値段が下がることが多いです。

 

お願いするポイントとして、ごみの処分があります。

大型ごみを無料で処分してくれたり、引越しで出たごみも持ち帰る業者もあります。

これ、あとから自分たちでやろうとすると、案外と大変なんです。

最初に、業者と話をしておくといいです。

 

高齢者の引越しは突然やってくることが多いです。

あわてないように、日頃から、高齢者の人と、関わりを持つようにしておくといいですね。